社労士の小ネタ
36協定の書式が変わります

 今回は、36協定(「時間外・休日労働に関する協定届」の事をいい、労働者が法定労働時間を超えて働く場合に、監督署に届け出る協定書)に関する注意事項についてご説明します。まず1点目は、各事業場で届出が行われているか。支店や営業所がある場合、各々届出が必要になります。2点目は、記載された延長時間を遵守できているか。例えば1ヵ月45時間、1年360時間などです。3点目は、協定を結ぶ過半数代表者が適正に選出されているか。労働者による挙手や投票などで選ぶ必要があります。
 また2020年4月から「時間外労働の上限規制」が中小企業にも適用され、36協定の書式も変わっています。ご不明点等ございましたらお問合せください。

文責
浜守 毅
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計