ちょっと税金の話
平成23年分路線価公開

7月1日に平成23年分の路線価が国税庁より公開されました。全国の路線価の平均変動率は3年連続の下落となったようです。
路線価は、毎年1月1日を評価時点として地価公示価格・売買実例価額・不動産鑑定士等による鑑定評価価額等を元に決められています。おおむね公示地価の8割程度、実勢価格と比べると7割から8割程度を目安に定められています。

評価時点が1月1日なので、3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた地域においては土地の価額が実勢とはかけ離れてしまっていると考えられます。

そこで、指定地域内においての評価については、『震災後を基準とした価額による』とした特例が設けられています。この『震災後を基準とした価額』とは、一定の調整率を乗じる方法によることとなるようですが、詳細は秋に公表されるようです。路線価は、国税庁のホームページで確認できますので、土地をお持ちの方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

後藤 美加
文責
副代表 税理士後藤 美加
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計