ちょっと税金の話
中小企業倒産防止共済制度

中小企業倒産防止共済制度とは、取引先が倒産した場合に、① 納付した共済掛け金の10倍、② 倒産によって回収困難となった売掛債権の額、のいずれか少ない額の範囲内において、中小企業基盤整備機構が共済契約者に対し、貸付けを行う制度です。中小企業の連鎖倒産を防止する目的の制度であり、無利息・無担保・無保証人で借り入れることができます。個人の事業所得者と法人が加入できます(設立後1年以上経過の条件等あり)。

今回改正される事項の概要は次の通りです。

1.貸付限度額等の引上げ
掛金月額     8万円  →   20万円(5千円から20万円の範囲内で5千円単位)
掛金総額    320万円  →   800万円(まで積立可能)
貸付限度額 3,200万円  →   8,000万円

 

2.償還期間の延長(現行は、一律5年間)
5,000万円未満          5年
5,000万円以上6,500万円未満  6年
6,500万円以上8,000万円以下  7年
据置期間6ヶ月を含め5~7年の範囲で毎月均等償還することとなります。

この制度のメリットは、毎月の掛金については税法上の損金又は必要経費に算入でき、40ヶ月以上 掛け続けると解約しても100%解約手当金が受け取れるなど貯蓄性もあります。
詳しい内容につきましては、えびす会計までご相談下さい。

カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計