巻頭
平成25年2月 vol.026

この冬は本当に寒さが厳しいですね。今年の寒さは、地球温暖化で北極の氷が溶けて、風の向きが変わったことが原因という説もあるそうです。実際はどうなのでしょうか?

さて先日、自民党が次の税制改正の方向性を明らかにしました。所得税と相続税については、最高税率の引き上げや基礎控除の引き下げなど、増税となる内容も含まれています。

「 所得税については~特に高い所得階層に絞って一定の負担増を求めることとし~ 」「 相続税については~課税ベースの拡大と税率構造の見直しを行う 」といった具合です。この手の文章を読んでいつも思うのは、国民に負担増をお願いするのに、なんでこう上から目線の偉そうな物言いなのか、もう少しへりくだった言い方ができないのかということです。

たとえば「 高額所得者の方には大変申し訳ありませんが、国の財政が苦しいので、税率をあと少し上げさせていただき、ご負担をお願いしたいと思っています。 」などと書けば、だいぶ印象が変わると思うのですが・・・。

税理士のつまらない独り言として、さらりと流してください。

カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計