社労士の小ネタ
厚生年金保険料の改定及び社会保険料の定時決定の給与への反映が必要です

平成25年9月分から厚生年金保険の保険料率が改定されます。0.354%引き上げられ、17.12%となります。

更後の保険料は平成25年9月分(10月納付分)から、平成26年8月分(9月納付分)まで適用されますので、給与からの控除間違いのないように注意が必要です。

また、7月に提出した算定基礎届に基づいて、9月から新たに定時決定された標準報酬月額を使用することになります。新しい標準報酬月額に基づいた保険料は9月分(10月納付分)からです。
従業員の給与からの社会保険料控除(翌月控除・当月控除)についてもご注意下さい。

カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計