社労士の小ネタ
母子家庭の母等を採用した場合の助成金

高齢者や障害者等の就職困難者を、ハローワークの紹介により雇い入れる事業主に対して助成される制度があります。その中に「母子家庭の母等」も該当するのですが、ハローワークから会社へ紹介される時点で、ハローワークが「母子家庭の母等」と認識しておく必要があります。会社は「母子家庭の母等」を雇い入れても、ハローワークが事前に知っていないと助成金はもらえないからです。

よくあるケースが、面接時に母子家庭と分かり採用したケースです。残念ながら、この場合は助成金の対象外になります。採用後に母子家庭と分かっても遅いのです。ですので、面接で母子家庭と分かった場合は、ハローワークへ採用決定を通知(FAX)する前に、母子家庭の方を採用する旨を連絡して下さい。そして、採用する本人からもハローワークへその旨申し出てもらって下さい。ケースバイケースですが、これで助成金の対象になることがあります。

他にも、諸条件を満たしている必要がありますので、詳しくはえびす会計までお気軽にお問合せ下さい。

カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計