雑感
年賀状

12月に入り一気にクリスマスムードが漂っていますが、頭の片隅に年賀状の準備をしなければという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

年々数が減っていると言われる年賀状ですが始まりは1949年に初めて発行されました。1950年の発行枚数は1億8,000万枚。その後、1964年には10億枚、1973年には20億枚を超え、ピークは2003年の44億5,936万枚にのぼります。そこから減少しはじめ、2016年の暫定値は30億2,285万枚と言われています。

インターネットやソーシャルメディアの普及で、新年の挨拶が簡単に出来るようになりましたが、やはり手書きのメッセージが入った温かみのある年賀状が届くと嬉しいものです。このような文化がこの先もずっと続くような未来でありたいですね。

カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計