社労士の小ネタ
2016年は猛暑の見込み!「熱中症対策」は万全ですか?

2016年の夏は、猛暑となることが予想されています。真夏の建築現場や屋外作業のみならず、屋内の仕事中に熱中症になる事例もあります。仕事上の熱中症は、労災認定されます。

統計によると仕事中に熱中症にかかり救急搬送される方は毎年300人程度、亡くなる方は20人程度 いらっしゃるそうで、経営者にとっても決して侮れない問題になっております。

こまめに水分をとること、大量の汗をかくときは塩分をほどよくとること、気温や湿度を気にかけること、暑さを過度にガマンせず室温を適度に下げることなど、職場で再確認しておくことで、熱中症の発生を予防することができます。
万全の対策で、この夏の猛暑を無事に乗り切っていきましょう。

坂本 圭一
文責
特定社会保険労務士坂本 圭一
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計