ちょっと税金の話
個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)で節税

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、国民年金や厚生年金のような強制加入の年金ではなく、個人の任意加入となっている年金制度です。平成29年1月1日からは専業主婦、公務員、サラリーマンも加入できるようになりました。老後にもらえる国民年金・厚生年金の金額だけでは心もとないため、自分自身で備える年金といえます。ちなみに掛け金は月額5,000円~68,000円の間で自由に決めることが出来ます。(但し、サラリーマンの場合は上限23,000円/月)
このiDeCoは、長期的な資産形成、老後資金をためるという本来の目的以外に、「税制上のメリット」が大きな魅力です。

① 毎月の掛け金が全額所得控除になる。

② 年金で受け取る場合:公的年金等控除が受けられる。

③ 一時金で受け取る場合:退職所得控除が受けられる。

毎月の掛け金が全額所得控除になるため、毎年の個人の所得税・住民税が安くなり、60歳以降に年金や一時金として受け取るときも退職所得控除等を利用して節税効果を享受できるのです。毎年の節税効果は年収が高い方ほど有利になりますので、ぜひご検討ください。
デメリットとしては、個人型確定拠出年金はあくまで年金なので、途中で解約して現金を受け取ることができません。また、加入時に2,777円の手数料と、毎月数百円程度の口座管理手数料等がかかります。

なお、加入手続きは、指定された一部の金融機関で可能です。

吉田 茂
文責
代表 税理士吉田 茂
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計