マイナポイント事業 

 令和2年9月1日からマイナポイント事業が始まります。
 マイナポイント事業とはマイナンバーカードやキャッシュレス決済の普及、また消費の活性化を狙った事業で、具体的にはマイナンバーカードとキャッシュレス決済サービス(所定のものの中から1つだけ選択)を紐付けし、その後支払やチャージなどキャッシュレス決済サービスを使用すると25%(最大5,000円分)のポイントが還元されるというものです。
 そのマイナポイント事業への申し込みが2020年7月1日から始まりました。既にマイナンバーカードをお持ちの方は、キャッシュレス決済サービスとの紐付けのみで5,000円の給付金が受け取れるというメリットがあります。情報漏洩などの理由でなかなか普及しないマイナンバーカードの普及率がどれほど上昇するか、今後も見守っていきたいと思います。

長井 大樹
文責
税務会計スタッフ長井 大樹
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計