雑感
観るから体験する映画へ

 ここ数年で映画館が進化しているのはご存知でしょうか。大画面テレビや有料動画配信サービスの普及により映画鑑賞の手段が広がったため、映画を観に映画館に行く人は減少傾向にあります。
 そこで映画業界は、映像が立体的に見える3D映画や、映像に合わせて座席が動き水しぶきが飛ぶ4D映画、作品を大音量で上映する爆音上映など、映画館の設備を生かした楽しみ方を提供することで、観客を呼び戻そうとしています。
 なかでもIMAX次世代レーザー(エキスポ109)や、Dolby Cinema(梅田ブルク7)は、日本では6館しかない最先端の映像と音響を体験できる素晴らしい映画館です。
 また、過去の名作を再上映していたり、コロナ対策もしっかりされているので、今年の夏は映画館に行ってさまざまな作品を体験してみませんか。

吉田 太一
文責
税務会計スタッフ吉田 太一
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計