ちょっと税金の話
年末調整 (令和2年度改正)

 早いもので令和2年も10月半ばとなり、年末調整の時期が近づいて来ました。
 今年の年末調整に関する所得税の改正点で主なものを記載します。

1.給与所得控除の引下げ
  サラリーマンの必要経費とみなされる「給与所得控除」が一律10万円引き下げら
 れ、かつ上限額が適用される方の年収が1,000万円から850万円に引き下げられまし
 た。後述の「基礎控除の引上げ」で「収入が給与のみ」かつ「給与収入850万円以下」
 の方には影響がありませんが、上記以外の方には増税の可能性があります。

2.基礎控除の引上げ
  所得から一律控除される「基礎控除」の金額が38万円から48万円に引上げされま
 す。ただし、一部の高額所得者の方は控除額が減ります。

3.所得金額調整控除の創設
  前述の「給与所得控除額の上限引下げ」により、高所得者層へは増税となります。
 その中で子育てや介護に配慮するために設けられた制度です。
  給与収入が850万円を超え、本人または扶養親族が特別障がい者である場合、
 または23歳未満の扶養親族がおられる方は一定の金額が控除されます。

4.ひとり親控除の創設
  今まで控除を受けられなかった、未婚のひとり親に対し「ひとり親控除」が新設
 されました。所得金額500万円以下のひとり親に対し35万円の控除があります。

  その他に寡婦・寡夫控除の改正や扶養親族の所得金額要件の見直しなど、
  今年は改正が多くあります。詳細は、えびす会計までお問い合わせください。

冨田 和彦
文責
税理士冨田 和彦
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計