巻頭
Vol.124  令和3年8月

 東京オリンピックでの日本チームは連日華々しい活躍と結果を出していて、そのドラマは感動と興奮を与えてくれて非常に嬉しい限りなのですが、同時に「東京で感染者5,000人超」「世界感染2億人突破」という話題も漏れなく毎日報道されてきます。やったー!と手放しで喜びきれないもどかしさを皆様も感じておられるのではないでしょうか。

 東京オリンピックは、コロナ禍だけでなく、猛暑下での大会運営・交通渋滞・治安の悪化など様々な課題を抱えての開催となりました。この大会運営は非常に過酷なものになったでしょうし、関係者の方々のご苦労は想像を超えるものと思います。東京都では当初より大会後のレガシーを見据えた取り組みに力を入れているとのことですし、「働き方改革」(交通渋滞回避のためのテレワーク推奨)や「環境配慮への挑戦」(低燃費車の利用など)等々、大会終了後に受け継がれるものに期待したいところです。同時に各国が多方面からしっかりと振り返って今後のオリンピックのあり方についていい方向性を見出し、次の大会につながることを願いつつ残りの期間を楽しみたいです。

 毎日酷暑が続きますが、皆様におかれましては熱中症対策を怠ることなく健やかにお過ごしくださいませ。

 

後藤 美加
文責
副代表 税理士後藤 美加
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計