雑感
ウッドショックと半導体不足

 住宅市場が大きなアメリカや中国において、急激に木材需要が増加したことで、世界中の木材価格が 高騰している「ウッドショック」。先日のことですが、建設業のA社長が「住宅建材や設備も品薄状態、価格も上昇、工期も見えない!」と嘆かれていました。

 また、B社長は「新車を注文したら納車が1年後といわれた!しかも値段も上がっている!」と驚きの表情をされていました。これは「半導体不足」の影響です。

 身近では、家電、スマホ、パソコンなどにも値上げの連鎖が起こっています。これら「ウッドショック」も「半導体不足」も大雑把に言えばコロナ禍による世界経済への影響です。すべて生活に直結しますので、何とも憂鬱ですね。

 木材や半導体に限らず、石油や天然ガスなどの資源は需要と供給のバランスに応じて変動するものです。先日、ディーゼル車に軽油を満タンにしたのですが、レシートを見て「えっ?ハイオク!?」と目を疑った経験があるのは私だけでしょうか。

吉田 茂
文責
代表 税理士吉田 茂
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計