ちょっと税金の話
電子帳簿保存法の改正について 

 電子帳簿保存法とは、ペーパーレス化の流れに沿って、これまで紙で保存していた請求書や

領収書などを電子データとして保存することを推進する法律です。

 皆様に大きく関係する改正がありますので、紹介させていただきます。

 電子帳簿保存法は、大きく以下の3種類に区分されます。

  (1)電子帳簿等保存【任意】 … 会計ソフトで作成した帳簿や決算書データを

                 紙に代えてデータとして保存

  (2)スキャナ保存【任意】    … 紙で受領した請求書や領収書などを画像データで保存

  (3)電子取引データ保存【義務化】

   …以下のようなデータはこれまで紙に印刷して保存されていたと思いますが、

    今後は改ざん防止という理由でデータのまま保存することが義務化されます。

     ①電子メール等により受け取った請求書や領収書などのPDFデータ

     ②楽天やアマゾンなどのホームページからダウンロードした領収書などのデータ

 この法律は令和4年1月1日から施行されますが、今月になって(3)電子取引データ保存の義務化の施行が2年間猶予されると発表がありました。

 そのため、紙で保存したい企業は申し出を行うことで、令和4年1月1日以降も2年間は継続して紙での保存が容認される予定です。詳細は未発表であるため、内容が明らかになりましたらご案内させていただきます。

 何かご不明な点がございましたら、えびす会計までお問い合わせください。

 

吉田 康人
文責
税務会計スタッフ吉田 康人
カテゴリー
最近の記事
月アーカイブ
© 税理士法人えびす会計